設備紹介

●設備紹介

最新!! ウルトラQオフサルミックレーザー
ウルトラQオフサルミックレーザー

About Ultra QTM

ウルトラQオフサルミックレーザーは、最新の技術を駆使した高品質・高性能のシステムです。
ヤグレーザー治療においてもっとも重視されている正確なフォーカスと他に類を見ない低いエネルギーで安定した光破壊を実現しました。

Ultra QTM Advantages

  • 特殊コーティングミラーを採用した新設計のレーザーヘッド
  • 低エネルギーで安定した切れ味を実現
  • 正確なファイン フォーカシングシステムを採用
  • 優れた光学設計のレーザースリットランプと完全一体化

IOL-Friendly Photodisruption

Ultra QTMは、業界で最も低エネルギーの1.8 mJ(空中)での光破壊を達成し、少ない照射数と低い累積エネルギーで、効率的に組織を切開します。Ultra QTM は、ウルトラガウシアンビームプロファイルが特徴で、ビーム形状の中心に大きなエネルギーを集中させて、高エネルギー密度を実現します。これにより、効果的に水晶体嚢切開や虹彩切開の処置を行うのに必要なエネルギーが少しですむだけでなく、レンズに点状のキズが生じるリスクが大幅に減少します。

Optimized Optics for Better Viewing

より観察しやすくなりました ウルトラQオフサルミックレーザーのスリットランプは前眼部を観察し易い、ヤグレーザー治療用に設計されました。
16°のステレオスコープで立体的な角度でガリレオ式内方視を特徴とし、ウルトラQオフサルミックレーザーは浅く焦点を合わせることができるので、自然で立体的な見方を提供します。次世代のフィルタ技術により可能な限りの最高のカラーバランスを提供します。

Ultra QTM in YAG Mode

  • ウルトラガウシアン ビームプロファイル
    特殊コーティングミラーを採用した新設計のレーザーヘッドにより、ヤグレーザーの性能を大きく左右する優れたビーム形状を提供し、他に類を見ない低いエネルギーで安定した治療が可能です。
  • ファーストライズタイム
    高速の電気系統と独自のソフトウェアにより、立ち上がりの速いエネルギー放出を実現し、正確で再現性のある安定した光破壊を提供します。
  • ファイン フォーカシング システム
    ファインフォーカシングシステムは、高精度の2点式照準システムで、±8μmの精度で組織からの焦点のズレを容易に把握できるため、正確な照準が可能で、眼内レンズへ損傷を最小化します。
  • 独自のソリッドステートQスイッチ
    ソリッドステートのQスイッチシャッターを採用した独自のヤグレーザーキャビティーは、一般的なQスイッチと比較して劣化が少なく長寿命です。

Features and Options


トータルアクセススタンド

独特なベース部分の形状は、車椅子によるアクセスが容易です。


トータルモバイルスタンド

4つのキャスターにより移動が簡単です。
また、術者側のキャスターにはロック機能が備わっています。


トータルモバイルロースタンド

4つのキャスターにより移動が簡単です。
また、術者側のキャスターにはロック機能が備わっています。


バックリット照明付リモートコントロール

暗室での視認性に優れ、スリットランプの左右いずれかの側に設置することが可能です。

Specification

レーザーシステムQスイッチ Nd:YAG
レーザー波長1064nm
レーザー出力10mj(最大)
パルス幅4nsec
バーストモード1,2,3パルス/バースト
スポットサイズ8μm
入力電源100V、50/60Hz、5VA
サイズ(W)755 x (D)435
重量30Kg
ウルトラQ オフサルミックレーザー
医療機器承認番号:21700BZG00030000